南アリゾナ第一の都市・ツーソン

このページでは、アサノハウスのある南アリゾナ第1の都市・ツーソンについてご案内いたします。


圧倒的な大自然

肥沃で緑豊かな砂漠。
起伏に富むごつごつとした岩山。
その特徴のある壮麗な自然の美しさは、訪れる人を必ずや魅了してしまいます。

夕日の美しさもその一つ。
全米でも一、二を争うと言われています。

日本には砂漠(デザート)がないので馴染みのない方が多いと思いますが、こちらに着かれたら砂漠の独特な美しさにきっと息を飲まれるのではないでしょうか。

言葉では到底説明できないこの美しい大地は、まさに地球の宝。ぜひ体感してください。

アリゾナ州ツーソン 大自然の画像

地理・気候

気候は、季節と共にその様相を変えていく砂漠気候。一年のうち350日は太陽が輝き、リゾート地としても発展してきました。人口およそ80万人の都市ツーソンは、砂漠気候の大自然と、美しく調和しているのです。

位置的にはメキシコにとても近く、さらにやネィティブインディアンやスペイン文化の影響を受けているので、エキゾチックな雰囲気。これも、アメリカ南西部ならではの魅力です。(ちなみに、ツーソンから100kmほど南下すれば、メキシコとの国境です。)

アリゾナ 気候の画像

モンスーン

アリゾナには、モンスーンシーズンがあります。

時期は、7月初め〜9月下旬頃まで。大陸ならではの、雨の柱、台地を揺るがす雷鳴のとどろき、ダイナミックな雲の動き、見事に180度描かれた虹の橋。

全てが眼の前で繰り広げられ、自然は生きてる、息づいている、と実感せずにいられません。

モンスーン画像1
モンスーン画像2
モンスーン画像3

アリゾナ・ソノラ砂漠博物館

「動物園、植物園、博物館そして自然道を兼ね備えたアメリカで最もユニークな博物館」(ニューヨークタイムズ)と言われ、動物園としては世界ベスト7に入る博物館です、200種類の動物と1,200種類もの植物が自然環境の中で繁殖している姿を目の当たりにしたら、時が過ぎるのも忘れてしまいます。

アリゾナ・ソノラ砂漠博物館のウェブサイト

サワロ国立公園

ソノラ砂漠にしか生えていないサワロ(サグアロ:日本では弁慶柱とも。)が名前の由来。世界で一番大きいサボテンが2万本も林立しているその光景は、まさに壮観です。

サワロ国立公園

サビノキャニオン州立公園

こちらも必見です。

滝や渓流、数百フィートもの岩壁などはまさに、驚異の自然美。アリゾナを象徴する風景が広がっていて、ハイキングも楽しめますよ。

サビノキャニオン州立公園の画像

アグア・カリエンテ公園

車で15分のところにあるオアシス、「Agua Caliente Park(アグア・カリエンテ・パーク)」。かつて旅人はここで疲れを癒したそうです。
公園の中には遊歩道が作られ、散歩に最適。自然の湧水・植物・動物が調和して、素晴らしい環境が作り出されています。

アグア・カリエンテ公園の画像

© 2017 ArizonaHomeStay